教育方針​​

社会・地域に根ざした教育と、次世代に対応した教育の混合

全教職員で園児を見守り、関わる、少人数制による個別教育保育。0歳児から行う年齢に沿った園児主導でのびのびとした教育を行う事で、心豊かな子どもを育てます。高水準の教育を行う事で、一人一人の可能性を広げ、保護者様や住之江区周辺地域の皆様からも愛されるような保育園でありたいと考えております。

当園で大切にしていること

高水準な教育体制

平成28年度に内閣府が開始した企業主導型保育事業のOhana保育園。たっぷりの愛情をもって一緒に楽しく過ごしながら、少人数制による個別教育や0歳児から行う年齢に沿った知育を行い、お子様の可能性を広げます。

子どもたちの安全を守ること

園内での様々なアクシデントを防止するため、指はさみ防止ドアやクッションフロアの設置等、設備整備を積極的に行っています。

協調性の素晴らしさを教えること

ひとりで出来ることもいっぱいあります。 ですが、お友だちと一緒にする楽しさもあります。遊びを通じて、協調性のすばらしさを教え、お友だちを大切にする思いを育てます。

お友だちと元気に遊ぶこと

砂や石、木や植物、自分たちの周りにあるさまざまなものに好奇心を持って、一人から二人、二人から三人と、お友だちを増やして行き、元気に遊べるよう育てます。

いのちの大切さを伝えること

草花にも動物にも木々にも、それぞれ命があること。 その命は貴重である事を、園生活を通じお子様に教えてまいります。そして、命を大切にする事ができる子どもに育てます。

よく聞き・伝えられるようにすること

人のお話をしっかり聞くことは、集団生活を行う上で大切な事であることを教えてまいります。そして自分の意見を人に伝えることができるよう育てます。